MENU
総額1,080円(税込)以上で送料無料!初めての方はこちら

フィラメントや3Dスキャナなど3Dプリンティング素材の通信販売から3Dプリンターイベント情報まで「3Dプリンターマーケット」

14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

3Dプリンターブログ 第2回2016/04/25

3Dプリンターを構成する主なパーツを知ろう

3Dプリンターの記事や解説を見ていると、
さまざまな用語が出てきます。中にはすぐに
ピンとこなくて、調べてしまうこともあるのでは?
今回は、3Dプリンターの造形方法や、
3Dプリンターを構成する主なパーツについて
おさらいしながら、用語について
確認してみましょう。

溶かした樹脂を堅めながら形にするFDM方式

3Dプリンターには、材料や造形方法などによって、さまざまな種類があります。idbox!
は、「FDM:熱溶解積層法(ねつようかいせきそうほう)」という方法で造形します。ちょっと難しい言葉ですが、溶かした樹脂を下から積み重ねながら造形する方法のことです。

材料の樹脂は、フィラメントという糸状の形になっています。これを熱したノズルで溶か
して、造形テーブルの上に射出します。冷えて固まった樹脂が下から順に層になり、作品の形を作っていきます。家庭用の3Dプリンターの多くは、この方法です。
●下の層から積み重ねる「積層法」 溶けて押し出されたフィラメントが、下から冷えて固まり、層を作っていきます。

ほかにも、紫外線を当てて樹脂を硬化させる「光造形」、石膏に着色しながら造形する「石膏粉末造形」などの方式があります。

3Dプリンターを構成する主なパーツ

続いて、FDM方式の3Dプリンターを構成する主なパーツについてみてみましょう。本体の背面に取り付けられたフィラメントがノズルに送られます。そして、高温のノズルが樹脂を溶かし、ヘッドが動きながら造形していきます。
●素材になる「フィラメント」 「フィラメント」は、作品の素材となる樹脂を糸状にしたもので、「スプール(ボビン)」に巻いて使用します。idbox!は、PLA、ABS素材のフィラメントを使用できます。
●ヘッド」の「ノズル」が 熱くなる!プリンターの「ヘッド」には、高温になる「ノズル」があります。送り込まれたフィラメントが溶かされてノズルから射出されます。「ファン」により加熱しすぎを防ぎます。


●作品が作られる「造形テーブル」 ノズルのあるヘッドが前後左右に動いて、「造形テーブル」の上に一層分の形を作ります。造形テーブルが少しずつ下に移動することで、層を重ねていきます。

そのほかに、次のパーツについても確認しておきましょう。
●フィラメントを送り出す「エクストルーダー」 「エクストルーダー」は、フィラメントをノズルに送り込みます。idbox!は、エクストルーダーが本体の外側にある「ボーデンタイプ」という方式です。
●造形テーブルを動かす「モーター」 「モーター」が動いて、ヘッドと造形テーブルをXYZ 軸の方向に動かします。i d b o x ! は、3 軸方向の移動とエクストルーダーからフィラメントを押し出すために、4つのモーターを搭載しています。

今回は、3Dプリンターの主なパーツと用語について確認してみました。正しい用語を知っておくと、詳しい人に質問したり、トラブルの関連情報を調べたりするときにも、役立ちます。

14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

商品カテゴリ

idbox情報

idbox!専用パーツ販売受付中!

プリント実践編も毎号更新! マイ3Dプリンター公式サポートページ

みんなで解決! マイ3Dプリンターコミュニティ

関連サイト

ホビコム 日本最大級のホビー系ソーシャルコマースサイト

お知らせ