MENU
総額1,080円(税込)以上で送料無料!初めての方はこちら

フィラメントや3Dスキャナなど3Dプリンティング素材の通信販売から3Dプリンターイベント情報まで「3Dプリンターマーケット」

13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

3Dプリンターブログ 第7回2016/10/22

mtp07_073Dプリンターで出力するオブジェクトを作成するためには、モデリングソフトが必要です。
モデリングソフトには、大きく分けて「3D CAD」と「3D CG」の2種類があります。
2種類のソフトの特徴や違いを見ていきましょう。mtp07_01

 

mtp07_05

 

3D CAD は、製図のように数値を指定することで立体を作成していきます。

幅や奥行き、高さなどの寸法を数値で指定するため、正確なサイズの立体を作成できます。精密さを要する建築物や工業製品の設計などに使われています。

たとえば球体を作成した場合、3D CADでは、数学的に定義された厳密な形状となります。半径から数式で計算された曲面により構成された、なめらかな球体を作ることができます。

 

mtp07_02

表面がなめらかな球体を作成できます。

 

mtp07_06

 

3D CADは、立体形状を「ポリゴン」と呼ばれる小さな三角形や四角形の板の集合体で表現しています。ポリゴンを任意の位置に貼ったり動かしたりすることで、立体を作成していきます。

3D CG で球体を作成した場合は、ポリゴンを貼り合わせて球体の形状を表現します。一見すると曲面に見えますが、拡大して見ると多面体であることがわかります。

 

mtp07_03

ポリゴンで作成されているため、なめらかではありません。
ポリゴンを小さくすれば、よりなめらかになります。

 

3D CAD データとは異なり、該当する場所のポリゴンだけを局所的に変形できるので、映像作品や、フィギュアなど、有機的で細かい調整が必要な立体形状を作成するのに向いています。

 

mtp07_04

 

なお、3D CG で細かい作業を行う際には、ペンタブレットを使うと便利です。手作業に近い感覚でモデリングをすることができます。

 

mtp07_01
Intuos Art small(CTH-490/K0)
http://deagostini.jp/select/detail.php?id=11896

Intuos Pro medium(PTH-651/K1)
http://deagostini.jp/select/detail.php?id=11898

 

mtp07_01

 

数値を利用して立体を作成するなら3D CAD、イメージから作成するのなら3D CGといったように、それぞれの特徴や違いを理解した上で、どちらのソフトを使うのかを決めるようにしましょう。

13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

商品カテゴリ

idbox情報

idbox!専用パーツ販売受付中!

プリント実践編も毎号更新! マイ3Dプリンター公式サポートページ

みんなで解決! マイ3Dプリンターコミュニティ

関連サイト

ホビコム 日本最大級のホビー系ソーシャルコマースサイト

お知らせ